「スゴい早起き」感想

頭が冴える!毎日が充実する!

スゴい早起き

f:id:lululi:20210223153322j:plain

早起きと言うものは、した方が良いのだろうといつも思っていた。株と同じように、いつかしないといけないとか思うものは、今すぐにやり始めるべきだと最近思っている。そこでやっぱり早起きをしてみようと思った。図書館で、「スゴい早起き」という本を借りた。 

 

その本を読んでいくうちに、早起きをする気がぐんぐん湧いてきた。無理矢理しなければならないものと考えるのではなく、ポジティブな気持ちで習慣にしてしまえば苦しまずに早起きを続けられると思った。

以下に、本のポイントの要約と、自分がやると決めたことを記述する。

 

本の内容ポイント抜粋

  • 自分をコントロールできているという体験を続けると自信が生まれる。行動によって得た成果が自分の期待していたものと合うと自信になる。
  • とりあえず早起きはいろいろ良い。
  • 不快からの逃避ではなく、快の追求を考える方がモチベーションは飛躍的に高まる。具体的に何をするか考えておく。本当にやりたいこと‼︎
  • 早起きを拒むものは何かをはっきりさせ、誘惑物に対処する。※アルコールとスマホには特に注意。アルコールは飲まない選択ができるがスマホは長所も あるので難しい。
  • 気を緩めると、生活のリズムがすぐに崩れてしまう。
  • 起きる時刻は変えずに、寝る時刻を変えて睡眠時間を調節する。
  • 寝る前にぐちゃぐちゃ考えてしまうときは、全てノートとかに書き出して、スッキリしてから寝る。
  • 休日も同じ時間に起きて、リズムを整える。ただ、昼寝をする。
  • 何らかのコミュニティーとつながっていると言うことを実感できると気持ちが前向きになる。店員と話すくらいでもよし。エレベーターでもよし。
  • 朝の時間に、新しいことをやってみる。
  • お風呂の後にストレッチをする→できてる!
  • 心をタフにするには筋トレが効果的
  • 自己効力感…自分に対する期待感。できるんじゃないかと思う感覚。

 

やること

  • 10時にはベットの中に入って、5時半には起きる。6時から勉強する。
  • 朝は、目を覚ますためにまずベッドの中で色々考えながらゴロゴロして、暖かい格好をしてからベランダに出てウロウロする。
  • すぐに電気はつけず、少し明るい程度から徐々に明るくして、目を慣らす。
  • お風呂から出てからは勉強以外電子機器を触らない。
  • お風呂は8時までに出る。 
  • お風呂の後ストレッチをする。     
  • その後、10時まで勉強する。 

 

休日の過ごし方

  • 土曜日の夜は、いつも行かないところに少し出かけたり、いつもはしないようなことをして、「今日はこれをした」と堂々と言えるようにすると、休みの日が二日間あるように感じるので、よし。
  • つまり、ポイントは、休日をダラダラして過ごしたのではなく、充実した日を過ごせたと感じること。
  • 朝も、きちんと5時半に起きる。眠かったら昼寝を取る。
  • 部屋の掃除、プリントの整理、スマホ内の整理は必ず休日のうちにする。
  • 平日と同じ朝と夜の勉強の時間に、やるべきことをする
  • 好きなものを眺めるだけのPinterestはなるべくしない。アイディアを集めるためのPinterestはOK。(生産性のあることをする)